お問合せお問合せ
お問合せお問合せ
TEL 026-258-1005
お問合せお問合せ
お問合せお問合せ

HOME | カヌー遊びについて | カヤックとカナディアン

【カヤック】と【カナディアン】?

パドリング・スタイルは2種類

 カヌーという舟(艇)を動かすための道具である櫂(かい/パドル)には2つのタイプがある。
 艇の両側を漕ぐことを目的とした櫂(シャフトの両側に水を捕まえるところ/ブレードがある)を【ダブルブレード・パドル】 という。
 艇の片側を主に漕ぐことを目的とした櫂(シャフトの片側のみに水を捕まえるところ/ブレードがある)を【シングルブレード・パドル】という。


ダブルブレード・パドル
シングルブレード・パドル

 そしてダブルブレードのパドルを使って漕ぐことを想定とした艇を " KAYAK "「カヤック」と呼び、シングルブレードを使って漕ぐことを想定とした艇を、日本では「カナディアン・カヌー」と呼ぶ事が多いが、英語的には" CANOE "「カヌーと呼ばれる
 日本では「カヌー」と言えばカヤックも含めた全体の呼称に使われることが多いが、最近はカヤック&カヌーのように使い分けられる場合も多くなってきた。
 【カヤック】のほとんどは、船体の上部が覆われているクローズド・デッキタイプ。
 【カナディアン・カヌー】は、オープン・デッキタイプが普及しているので、このタイプを"OPEN CANOE"「オープンカヌー」と呼ぶ事が多い。
 さらに、静水用、川用、海用などフィールドに応じて、また活動目的(スラローム、ワイルドウォーター、スプリント、フリースタイル、マラソン、サーフィン、ボールゲームであるカヌー・ポロ、等)や移動道具(ネイチャー・ウォチィング、フィッシング、等)として、艇の形や性能が違っている。
 この他、【組み立て式タイプ】:フォールディング・カヤック/カヌーまたはファルトボート、【ゴムボート・タイプ】:インフレータブル・カヤック/カヌーまたはダッキー等がある。
 このように「カヌー」と一言で言っても、実に多くのタイプの艇がある。これはカヌー遊びというものが、多種多様化している現れであろう。そしてこれらの共通点は、艇の形は違えどもいずれも「パドル」というものを使って漕ぐことである。だから総称に「パドル・スポーツ」とか「パドリング」、それをやっている人達を「パドラー」などと呼ぶことも多くなった。

KAYAK

リバー(WW*)カヤック/プレイボート・ダウンリバー系
 ⇒広く普及している一般的なリバーカヤック


★リバー(WW*)カヤック/プレイボート・フリースタイル系
 ⇒フリースタイルもこなすオールラウンドタイプ


★リバー(WW*)カヤック/フリースタイル
 ⇒フリースタイル専用艇で川下りには向かない艇も多い


★リバー(WW*)カヤック/クリークボート
 ⇒急峻で落差のある流れを下る事を目的としている


★ツーリングカヤック・ソロ
 ⇒緩やかな流れ、湖、沿岸部等でショートツーリング


★シーカヤック/コースタルタイプ・ソロ
 ⇒海岸線沿い等をツーリング。運動性の高い艇も多い


★シーカヤック/エクスペディションタイプ・ソロ
 ⇒長期遠征を目的としたビッグ・ボリューム艇


★レクリエーショナルカヤック・タンデム(&ソロ)
 ⇒安定性の高いお手軽な水辺遊びパドリング


★シットオントップ/ツーリングタイプ・タンデム(&ソロ)
 ⇒デッキのないタイプで、静水等でのツーリング


★シットオントップ/プレイボート
 ⇒川下り等を目的としたデッキのないタイプ


CANOE

★オープンカヌー/ツーリング・タンデム
 ⇒広く普及している、緩やかな流れや静水用タイプ


★オープンカヌー/リバー(WW*)/オールラウンド・ソロ
 ⇒川下り用オープンカヌーとして最も一般的なタイプ


★クローズドカヌー/リバー(WW*)/プレイボート
 ⇒リバーカヤックと同等の性能を持つ


*WW---ホワイトウォーターの略:リバータイプの艇にこの呼称を使う事も多い